河野雅臣 歯科医師・博士(感染制御学)

感染制御学の博士号を持つ歯科医師です。新型コロナウイルスを含む、感染対策について発信するブログです。

webセミナーの実例①

先日、とある歯科医院さんから
「自分たちで考えてきた感染対策をチェックしてほしい」
「我流でやってきたので間違いがないか不安だ」
というご依頼をいただき、本日 web セミナーを行いました。
 
実際こうしたお悩みを伺うことは多く、ここまで頑張ってきたけど、これをこのまま続けていいものか、特に感染状況が逼迫しつつある昨今、不安な気持ちでおられる方は少なくないようです。
 
 
さて、「歯科医院における感染対策」には大事なポイントがあります。
 
それは、歯科医院ごとに設備や設計、マンパワーに違いがあるので、その歯科医院ごとに最適解の感染対策が違う、という点です。
 
ここで大事なのは、最高の感染対策、ではなく、目指すべきはその歯科医院に最も適している感染対策、です。
 
実は最高を求めるのは簡単です。お金と時間と手間をかければいいだけです。
しかしお金と時間と手間がかかり過ぎて、結局継続できなくなります。
これは感染対策だけでなく、何事にも共通する真理ですね。
 
一方で最適解は、お金があまりかからず少なくとも無駄にはせず←重要)、その歯科医院で継続しやすい感染対策です。
注:さすがにbeforeコロナよりは手間が増えます。仮に完璧だったとしても、換気が追加されるからです。ただ、beforeの感染対策に無駄があれば手間は減るかもしれません(稀)。
 
「最適解の感染対策」はとても魅力的なのですが、何が最適か、を探すためには、正しい知識が必要です。
何をどこまでやるのか、何ができるのか、何を削るのか、は正しい知識、しかもリスクとベネフィットを天秤にかけられるだけの知識が必要です。
最高を目指すよりお金はかからないのですが、そこに到達するには頭を使わなければならないのでちょっと難しいです。
一度到達してしまえば、それをただ継続させるだけで済みますが、まあ何はともあれ、まずは正しい知識が必要になります。
 
そこで今回は、まずはwebセミナーで「感染症とは何か?」「感染対策とは何か?」という概論からお話しさせていただくことになりました。
 
「え?いくら何でも基礎からやるのは時間がかかるのでは?」とお思いになるかと思いますが、何事も基礎は大事です。
また、多くの歯科医院で共通することだと思いますが、専門教育を受けていない歯科助手の方が活躍されていると思います。
彼ら彼女らが専門教育をうけていないことは仕方ないのですが、ここで重要なのは、
その歯科医院の感染対策のレベルは、その歯科医院内で最も感染対策が出来てない人のレベルに落ち着いてしまう、という点です。
 

一人だけ突出しても全体のレベルは上がりません。
全体の底上げこそ、重要なのです。 
 
 
 
さて、実際webセミナーでお話しした内容はこちらには記載できませんが、1 時間半ほどのセミナーで以下ような感想をいただきました。
 
「分かりやすくて良かった」
「明日からすぐに使えるものがあった」
「間違ってたこともあったね」
「ちょっと楽になりそう!」
 
こちらの歯科医院はしばらくwebセミナー、web会議を通して改善を図っていくことになりました。
一緒に無理のない、持続可能な感染対策を考えられるのが楽しみです。
 
お悩みの歯科医院さん、いらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください。わりと暇してます。
長い戦いになりそうですから、根性で続ける対策ではなく、なるべく楽に続けられる対策を一緒に考えましょう。

 

お手数ですが、ご検討時あるいはご依頼になる前に、こちらをご一読ください ↓

www.masaomikono.com

 

訪問指導の様子についてはこちら ↓

www.masaomikono.com