歯科医師・博士(感染制御学)

感染制御学の博士号を持つ歯科医師です。新型コロナウイルスを含む、感染対策について発信するブログです。

CDC 歯科向けガイドライン 更新版(限定公開)

CDC のガイドラインが 12 月 4 日に更新されました。

www.cdc.gov

順次紹介いたします。

 

目次

  

キーポイント

  • 歯科医療の現場には、感染管理上の特別な配慮を必要とする特徴があることを認識すること
  • 歯科治療の種類に優先順位をつけ、治療の遅れによる患者への害と、SARS-CoV-2 感染の可能性にさらされることによるスタッフや患者への害の両方を最小限に抑えるような方法で治療を提供すること
  • スタッフと患者の両方に、体調が悪い時は自宅で過ごす必要性を積極的に伝えること
  • COVID-19 の症状を持つ患者が診療所に入ってきた場合に取るべき手順を知ること

 

Background

この暫定ガイダンスは、COVID-19に関して現在入手可能な情報と米国の現状に基づいて更新されている。

歯科医療機関が地域や州当局のガイダンスに従って選択的歯科処置を再開するにあたり、COVID-19 パンデミックへの継続的な対応の一環として、実施すべき予防策がある。

今回更新したガイダンスの推奨事項のほとんどはは新しいものではなく(上記の変更点の概要に記載されているものを除く)、以下のセクションに再構成している。

 

1. パンデミック時において、ルーチンの歯科医療を提供するために推奨されている感染予防策の方法

2. SARS-CoV-2 感染が疑われる、または確定した患者に歯科医療を提供する際に推奨される感染予防策の方法

 

歯科医療の現場では、患者と歯科医療従事者へのリスクを最小限に抑えつつ、必要な歯科医療を提供する必要性のバランスをとる必要がある。

CDC は、COVID-19 パンデミック時における非緊急的な医療行為に関する、医療従事者と医療システムのためのフレームワークを作成した。

フレームワーク ↓

www.cdc.gov

 

このような状況下では、歯科医療従事者は、地域の感染状況や影響を考慮した上で、それぞれの地域特有の推奨事項について、州歯科医師会や州保健局に相談する必要がある。

 

限定ブログ

以下の内容は限定ブログで公開しております。

閲覧にはパスワードが必要です。

下記フォームからお問い合わせください。

masaomikono-sub1.hateblo.jp

 

お問い合わせ、仕事のご依頼

こちらからお願いします

 

実際の様子はこちらからご確認ください

 

 

 

著作権

本ブログ記事は CC BY ND の範囲内で利用可能です。

 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

 

お問い合わせフォーム